痩せているのに下腹だけぽこんと出ている、お尻が後ろに突き出して目立っている、ウェストのくびれがない、そり腰や猫背が気になる、肩やウェストの高さが左右で違う……。

そんな風に身体のアンバランスさを気にしている方は多いのではないでしょうか。同時に腰痛や肩こりに悩まされている方も少なくないと思われます。これらの症状はすべて、骨盤のゆがみと関連していると言っても過言ではありません。

試しに、目を瞑って10秒以上、片足立ちをしてみてください。大きくぐらついてしまったり10秒以上立っていられなかった方は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。そこでもし、骨盤がゆがんでいるのでは……と思った方は次の方法も試してみましょう。

障害物のない平らな床に一カ所目印をつけてそこに立ち、目を瞑ったまま50回ほど足踏みしてみてください。その後の位置はどのように変わっていましたか? 右に移動していた方は右に、左に移動していた方は左に、前に移動していた方は前に、後ろに移動していた方は後ろに、骨盤がゆがんでいると推測できます。

骨盤がゆがむことによって生じる様々な症状は、なにも骨盤の周辺にだけ起こるものではありません。足の骨が曲がってO脚になってしまったり、肩こりや腰痛、神経痛に悩まされたり、女性の場合では不妊や生理不順の原因になっていたりします。全然関係ないと思われる頭痛や精神疾患も、もしかすると骨盤のゆがみからきているかもしれません。骨盤のゆがみから背骨がゆがみ、そこから首や顔までもゆがんでしまうこともあります。鏡を見てみてください。眉の高さやあごの位置がずれたりしていませんか? ほお骨の高さも違うなんていう場合には、頭蓋骨もゆがんでいるかもしれません。

骨盤のゆがみは段階を経てゆがんでいくもので、ゆがんでしまった骨盤はすぐには治りません。いくら良い道具を使って矯正しようとしても、日常生活で骨盤をゆがめるような動作をし続けていたら、いつまでたってもゆがんだままです。まずは自分の骨盤がどのような状態なのかチェックして、その原因と改善方法を探っていきましょう。